タマゴサミンの効果を打ち消す生活習慣。

膝の痛みの要因となっているものは、普段の生活習慣のなかで、いくつもあります。これらの生活習慣はタマゴサミンを検討している人にとっても大切なので、ここで解説したいと思います。

 

まず、正座。日本人特有の正座ですが、膝を過度に曲げるため、膝への負担が大きくなります。短時間なら問題はありませんが、長時間の場合や、膝を痛めている人は避けるべきです。

 

次に和式トイレ。いつも膝の同じ部分に、負担がかかってしまいます。膝の悪い人には、和式トイレはあまりおすすめできません。

 

そして、次は悪い姿勢。膝を曲げた猫背の姿勢は膝に大きな負担をかけます。バランスも悪く転びやすいので、怪我をしないように注意が必要。

 

また、足に合わない靴を履いている場合もよくありません。靴の文化がまだ浅いせいでしょうか。欧米人に比べて、日本人は靴に無頓着だと言われます。

靴が足の健康に影響を及ぼすということは、一般的にあまり意識されていません。しかも、靴は毎日、何時間もはくものなのに、履き心地よりも見栄えで選んだり、合わない靴を我慢してはいていたりする事が多いようです。

 

若い女性が無理して底の高い靴を履いているのを見かけますが、脚に負担をかけるだけでなく、転びやすいため、怪我や痛みの原因になります。

 

また、脚に合わない靴は、膝の病気だけではなく、外反母趾や神経麻痺を引き起こすこともあります。

タマゴサミンを毎日欠かさず飲んでいたとしても、もしこれらの生活習慣があれば、それはタマゴサミンの効果を打ち消してしまう事になりかねません。

そうなれば、毎月タマゴサミンを買って飲んでいても意味がなくなってしまいますよね。

だから、タマゴサミンを買う前に一度こうした膝に負担のかかる生活習慣をしていないかを自分でチェックする事はとても大事な事だといえますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です