タマゴサミンと膝周辺の筋肉。大腿四頭筋。

タマゴサミンは主に膝の間接痛を和らげるために飲んでいる人が多いと思いますが、膝の関節痛は間接軟骨のすり減りだけに焦点を当てるよりも、筋肉について知ることも大切なんですよ。

ここでは、そんな膝と筋肉について解説していますので、参考にしてみてください。

間接が動くのは、筋肉があるからです。膝を曲げたり伸ばしたりする際に、筋肉の一方が収縮し、その反対側の筋肉は弛緩します。

太ももの全面には、内側広筋、外側広筋、中間広筋、大腿直筋の4つがあります。これらを総合して、大腿四頭筋と言います。

この筋肉は、膝を伸ばす働きをしていて、大腿四頭筋が収縮すると膝蓋骨、膝蓋健を介して腓骨に伝わり、膝が伸びる仕組みになっています。

大腿四頭筋は膝を支えるのに重要な働きをしていると同時に、ジャンプしたあとの着地のような場合の激しい動きに対知る衝撃を吸収する働きをしていまうs。

それだけに、この筋肉が衰えてくると、膝にかかる衝撃が大きくなり、間接を痛めやすくなります。

タマゴサミンは独特の成分であるiHAなどの有効成分があるので、タマゴサミンを飲んでいればいずれは膝に良い影響を与えることになりますが、大腿四頭筋を鍛えることえ、膝への衝撃が和らぐことを考えれば、タマゴサミンを飲みながら大腿四頭筋を鍛える、というのも間接痛対策としては良い方法だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です