タマゴサミンの効果を打ち消す生活習慣。

膝の痛みの要因となっているものは、普段の生活習慣のなかで、いくつもあります。これらの生活習慣はタマゴサミンを検討している人にとっても大切なので、ここで解説したいと思います。

 

まず、正座。日本人特有の正座ですが、膝を過度に曲げるため、膝への負担が大きくなります。短時間なら問題はありませんが、長時間の場合や、膝を痛めている人は避けるべきです。

 

次に和式トイレ。いつも膝の同じ部分に、負担がかかってしまいます。膝の悪い人には、和式トイレはあまりおすすめできません。

 

そして、次は悪い姿勢。膝を曲げた猫背の姿勢は膝に大きな負担をかけます。バランスも悪く転びやすいので、怪我をしないように注意が必要。

 

また、足に合わない靴を履いている場合もよくありません。靴の文化がまだ浅いせいでしょうか。欧米人に比べて、日本人は靴に無頓着だと言われます。

靴が足の健康に影響を及ぼすということは、一般的にあまり意識されていません。しかも、靴は毎日、何時間もはくものなのに、履き心地よりも見栄えで選んだり、合わない靴を我慢してはいていたりする事が多いようです。

 

若い女性が無理して底の高い靴を履いているのを見かけますが、脚に負担をかけるだけでなく、転びやすいため、怪我や痛みの原因になります。

 

また、脚に合わない靴は、膝の病気だけではなく、外反母趾や神経麻痺を引き起こすこともあります。

タマゴサミンを毎日欠かさず飲んでいたとしても、もしこれらの生活習慣があれば、それはタマゴサミンの効果を打ち消してしまう事になりかねません。

そうなれば、毎月タマゴサミンを買って飲んでいても意味がなくなってしまいますよね。

だから、タマゴサミンを買う前に一度こうした膝に負担のかかる生活習慣をしていないかを自分でチェックする事はとても大事な事だといえますよ。

タマゴサミンと膝の痛み方

タマゴサミンで治したいと思っている膝の痛みには、炎症を起こしている場所によって痛み方が違うのを知っていますか?

たとえば、膝の裏側が痛い、膝のお皿の部分が痛いなど、その症状はいろいろあり、痛みの程度も個人差が結構あります。

大切な事はまずあ、どこが痛むのかを整理することなんですね。

また、どんな時に痛むのかも問題です。

歩き始めが痛い、階段の上り下りの時に痛む、膝を屈伸させると痛みがくるなど、これもまたいろんなパターンがあります。

また、熱を持っている、腫れている、といった症状が伴う場合もあります。

膝の痛みの不快感は、日常の生活に大きく影響します。

ゆううつな思いは少しでも早く取り除きたいですよね。

それにはまずはどこに痛みがあるのか、どんな時に感じるのかを観察し、自分の症状を正確に把握することです。

そのうえで、専門医の診断に任せる事が望ましいですね。

膝が痛い場合は一般的に変形性膝関節症がよく知られていると思いますが、そのほかには、半月板損傷、靱帯損傷、鵞足炎(がそくえん)、離脱性骨軟骨炎、腸脛靱帯炎、たな障害、膝蓋軟骨軟化症、膝蓋骨脱臼などがあります。

タマゴサミンで症状の緩和が期待できるのは、基本的には関節軟骨がすり減った場合、関節が動きにくくなっている場合などがあります。

逆にいえば、膝蓋骨脱臼のように、関節軟骨にそれほど問題がない場合はタマゴサミンを飲んだとしても、それ程の高い効果は期待ができない、と言えます。

ですので、タマゴサミンを購入する前に一度どうして膝が痛いのかを知ることはとても大切になってくるんですよ。

タマゴサミンの口コミを見ている時に気になるのが、本当に間接軟骨に問題があって膝が痛んでいるのかな?という場合があります。

そういう場合はたいていタマゴサミンを飲んでも効果を感じられなかったという事になっていますが、そもそもタマゴサミンでは改善の期待ができない症状なのでは?と思う事があるんですね。やっぱり。

タマゴサミンと膝周辺の筋肉。大腿四頭筋。

タマゴサミンは主に膝の間接痛を和らげるために飲んでいる人が多いと思いますが、膝の関節痛は間接軟骨のすり減りだけに焦点を当てるよりも、筋肉について知ることも大切なんですよ。

ここでは、そんな膝と筋肉について解説していますので、参考にしてみてください。

間接が動くのは、筋肉があるからです。膝を曲げたり伸ばしたりする際に、筋肉の一方が収縮し、その反対側の筋肉は弛緩します。

太ももの全面には、内側広筋、外側広筋、中間広筋、大腿直筋の4つがあります。これらを総合して、大腿四頭筋と言います。

この筋肉は、膝を伸ばす働きをしていて、大腿四頭筋が収縮すると膝蓋骨、膝蓋健を介して腓骨に伝わり、膝が伸びる仕組みになっています。

大腿四頭筋は膝を支えるのに重要な働きをしていると同時に、ジャンプしたあとの着地のような場合の激しい動きに対知る衝撃を吸収する働きをしていまうs。

それだけに、この筋肉が衰えてくると、膝にかかる衝撃が大きくなり、間接を痛めやすくなります。

タマゴサミンは独特の成分であるiHAなどの有効成分があるので、タマゴサミンを飲んでいればいずれは膝に良い影響を与えることになりますが、大腿四頭筋を鍛えることえ、膝への衝撃が和らぐことを考えれば、タマゴサミンを飲みながら大腿四頭筋を鍛える、というのも間接痛対策としては良い方法だと思います。